秋鮭でアンチエイジング。

 …鮭は赤身の魚ですが、実は「白身魚」であるということを
 知ってますか!

こういう赤色の素を作るのは「アスタキタチン」という特別な色素で、
同類の抗酸化ものの中でも、至って優等とされています。

更に秋の産卵前には、こういう色素を大勢含む藻やオキアミ、蟹等のような
幼生プランクトンのエサをいつもより、大量に摂取する結果、
体内に溢れているみたい。(そういやイクラもやけに真っ赤ですね)

 …鮭の刺身はことごとく冷凍(溶解)やるって、知ってましたか!

寄生虫に対する安心交代です。
なんだか感じてはいたのですが、私も本当を知ってからまだ案外
時は経過してません。

 …またシニアの人の中には、鮭は往年「薬食い」と言われていた
 ことをご存知の方もいる。

まず第一に、鮭は多種のビタミン群に溢れてある。
別に魚類では未曾有を誇るビタミンAの効き目が耐性を高めて、
「流感の警護に役立つ」ことから、そう呼ばれてます。
(ちなみにケモノの肉類を食べることも「薬食い」ということが
あります。冬の季語の一つにもなってますので、ひとまず念の為)

もっと「活性酸素を除去する効力」が顕著で、アンチエイジング、ガン調整にも
貢献してくれるみたい。殊に、こういう「アスタキタチン」は、脳一つ血管の
中にも入り込み、脳の中の活性酸素を減らす役割を担う腕利き。

 …こういうアスタキタチン。
 そういやサプリや健康食品(栄養機能食品)で少なからず聞いた言い方でしたね。

 …さて、最近の養殖・冷凍(溶解)の鮭ですが、上級などなどで、
 おさ汚れの得コースを手にすると「ascの文が書かれた
 水色のステッカー」をよく目にしませんか。
 こういう「ASCラベル」って、一体何のケース!

今、世界の水産物のなかばの出来高を占める程に拡大した養殖に対し
水産養殖マネージメント相談会が行う認定仕組で、実情への負担や分野拡張を考え、
責任ある水産物であることが認められた「エコラベル」なのです。

 …サーモンにはいま、題目で取り上げられた面倒がありました。
 ネットで話題にされた「ノルウェー産の養殖鮭」は恐ろしいという幻。

ノルウェー政府自分、有害化学ものの分量が多いため、若々しい女性などは
「週間2回を越えて食べないように」という通達を出したりしましたね。

 …はい〜っ!!!という印象ですが。

再び本国の実情コーポレイトシステムからはノルウェー産の鮭は「三国一の汚染献立」と、
おそろしい言われよう。論文によると日本で馴染み深いチリ産も50歩100歩
みたいですが。もちろん上述には絶対物言いが浮上してますよ(笑)

 …こうした順序で安心保障の「ASCラベル」の表示となった訳ですね。
 (何を頼りしたらよいのか思い付かニュース化世間が問題です)

ツイートを戻しますが、先程の「アスタキタチン」は痩身効き目もあり、
メタボリック警護や連続器量の取得に効果的であり有効的。他にもジメチルエタノールという
ものには、うつ病などなどにも効く、根性安定作用があるそうです。

鮭は、体内栄養バランスに優れ(しかもアミノ酸ユニットがバランス良く
塞がり)病気警護を始め、全能元凶の一つのようです。

個人的にシャケは石狩鍋、三平汁、クリームシチューとまあ、吸物が
お気に入りです。ぜひ毎日の食膳に加えたい理想の献立ですね。このサイト